HOME > 四十肩・五十肩

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩ついて以下の項目に当てはまる方は、是非このページを読み進めて下さい。

肩がズキンズキン痛んで上にあげられない。

夜中、手の置き所が無くて眠れない。

肩が痛くて仕事にならない。

肩だけでなく後頭部や肩甲骨の辺りまで痛みが広がっている。

この肩の痛みは一時的なものだと我慢している。

病院では注射を打って終わり。ちゃんと説明してくれない。

出来るだけ早く治したい!

肩の痛みを何とかしたいと思っていらっしゃる方は、是非このままお読みすることをお勧めします!


肩の痛みは一時のものだと決めつけていませんか!?

四十肩・五十肩の正式名称は「肩関節周囲炎」といわれる、肩に炎症が起こる中高年に多い病気の一つです。特に仕事で肩を酷使するような方に多く見られる特徴があります。

痛みが治まっても肩が挙がらなくなる!?

実はこの病気、大体一年ほどで炎症が治まるので痛みは何もしていなくても軽くなります。その代わり肩を動かせなかった時期が長ければ長いほど、関節は硬直し挙がらなくなってしまうんです!

痛みがある時期にどのくらい動かしてたかで予後が変わるんです。しかし無理に動かそうと思っても痛みが強くてどうにもなりませんよね。当院で施術を受けることは、今後の生活を決めるといっても過言ではないでしょう。


肩関節周囲炎の原因は?

肩関節周囲炎の原因は、

骨盤の歪み
背骨・肩甲骨の硬さ
腕の疲れ

「骨盤の歪みは全身の歪み」その状態で肩を使う動きを続ければ、確実に過剰負荷が掛かります!関節だけの問題ではなく、骨盤にも原因があるんです!

背骨・肩甲骨は現代人の多くが抱える「体の硬さ」の要所です。椅子での生活、長時間のデスクワーク、運動不足によってこの要所は柔軟性を失い、結果肩に負担をかけてしまうんです。

腕の疲れ、ケアしてますか?手が疲れると腕全体の血行が滞ります。新鮮な栄養分を含んだ血液が絶えず流れることで、肩や腕も良い状態を保つことが出来るんです。


施術の流れ


1.問診票への記入

まずは施術票にあなたの氏名・住所・連絡先を記入していただきます。
そして症状について問診票に沿って記入していきます。
いつから痛むのか?何をするときに痛むのか?等
それをもとにカウンセリングをさせて頂きます。

2.カウンセリング

問診票をもとにいくつか質問をさせていただきます。思い出したことがあれば、いつでも遠慮なくおっしゃってください。そこにあなたの症状の原因があるかもしれません!

3.検査

問診票とカウンセリングで得られた情報から、さらに原因を特定するために検査を行います。姿勢のチェック、動きのクセ、関節の硬さ、筋肉の張り具合を専門的に評価していきます。

4.説明

・1〜3で得られた情報をもとに、あなたの体の状態と施術内容を説明します。納得して頂けたら施術を開始します。
もしここまでで施術方針に納得できなければ料金は一切いただきません!

5.施術

・痛みのないゆっくりとした施術で身体を調整していきます。

6.説明

・再度施術時の体の状態の説明と、日常生活での注意点、自主トレ等の指導をさせていただきます。

7.終了

・お疲れさまでした!会計を済ませて終了となります。
必要な方には次回の来院目安と終了までのおおよその回数をご説明します。


お問い合わせについて

TEL : 090-1195-0447(院長直通)

電話応対例

私 「はい!仁愛クリニカルルーム福留です」
あなた 「予約をしたいんですけど」
私 「ご予約ですね。いつがよろしいでしょうか?」
あなた 「○月○日は?」
私 「○月○日でしたら、○○時〜ではどうでしょうか?」
「それでよろしければお名前と連絡先をお願いします」

というふうに応対させて頂きます。予約の前に確認したいこと、その他ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。 →メールでのお問い合わせ

良くある質問はこちらにまとめています→良くある質問


▲ページトップに戻る


inserted by FC2 system