HOME > 肩こり

肩こり

肩こりについて以下の項目に当てはまる方、是非このページを読み進めて下さい。

とにかく肩こりが酷くて辛い。

肩に石が乗っているように重たくて家事をする気にならない。

肩こりから頭痛や目まい、吐き気まできて我慢できない。

痛み止めの薬が手放せない。夜も肩の痛みで眠れない。

病院や整骨院での治療も湿布やマッサージだけで、その場しのぎになってしまっている。

慢性的な冷えがあり、手足が常に冷たい。

肩こりでこのような悩みがある方には、当院の施術は必ず良い結果をもたらします。特に肩こりが酷くて、頭痛や目まいなどの症状まで出ている方には是非お勧めします!


肩こりは揉むだけじゃダメなんです!


肩こりに対する見解

肩こりは安易に揉んではいけないことを知っていますか?

特に女性に多い肩こり。首から肩にかけての筋肉の張りや神経の傷が辛い痛みを誘発します。

「後頭下筋群、僧帽筋、肩甲挙筋」などの筋肉が、パンパンに張ってしまうことも…そんな辛い肩の痛みに対して何故揉んではいけないのか?


肩こりになる原因は?

首や肩の凝りはあくまで症状であり、原因ではありません。当院が考える肩こりの原因は、

@骨盤の歪み
A背骨・肩甲骨の硬さ
B腕の疲れ

@骨盤の歪みは普段の生活の中で徐々に出てきます。足が片方だけ組みやすいとかはないですか?骨盤は上半身を支える土台です。その土台に歪みが生じれば、上半身には大きな負担がかかってしまうんです。

A背骨・肩甲骨の硬さは周りの筋肉に大きな負担を掛けます。それが蓄積することで筋肉のコリが出現するんです

B腕の疲れによって腕から肩、肩から肩甲骨、肩甲骨から背骨へと徐々に負担が掛かっていきます。現代人の多くは腕に疲れを抱えているんです。


施術の流れ


1.問診票への記入

まずは施術票にあなたの氏名・住所・連絡先を記入していただきます。
そして症状について問診票に沿って記入していきます。
いつから痛むのか?何をするときに痛むのか?等
それをもとにカウンセリングをさせて頂きます。

2.カウンセリング

問診票をもとにいくつか質問をさせていただきます。思い出したことがあれば、いつでも遠慮なくおっしゃってください。そこにあなたの症状の原因があるかもしれません!

3.検査

問診票とカウンセリングで得られた情報から、さらに原因を特定するために検査を行います。姿勢のチェック、動きのクセ、関節の硬さ、筋肉の張り具合を専門的に評価していきます。

4.説明

・1〜3で得られた情報をもとに、あなたの体の状態と施術内容を説明します。納得して頂けたら施術を開始します。
もしここまでで施術方針に納得できなければ料金は一切いただきません!

5.施術

・痛みのないゆっくりとした施術で身体を調整していきます。

6.説明

・再度施術時の体の状態の説明と、日常生活での注意点、自主トレ等の指導をさせていただきます。

7.終了

・お疲れさまでした!会計を済ませて終了となります。
必要な方には次回の来院目安と終了までのおおよその回数をご説明します。


お問い合わせについて

TEL : 090-1195-0447(院長直通)

電話応対例

私 「はい!仁愛クリニカルルーム福留です」
あなた 「予約をしたいんですけど」
私 「ご予約ですね。いつがよろしいでしょうか?」
あなた 「○月○日は?」
私 「○月○日でしたら、○○時〜ではどうでしょうか?」
「それでよろしければお名前と連絡先をお願いします」

というふうに応対させて頂きます。予約の前に確認したいこと、その他ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。 →メールでのお問い合わせ

良くある質問はこちらにまとめています→良くある質問


▲ページトップに戻る


inserted by FC2 system