HOME > 坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛(お尻の痛み・足に電気が走る)について下の項目に当てはまる方は、是非このページを読み進めて下さい。

お尻から足に掛けて強い痛みが走る。

ちょっと歩くだけでも痛みが強くなって歩けなくなる。

体をかがめると痛みが強くなって靴下もまともに履けない。

痛みやしびれ以外にもだるさや、冷感、チリチリする感じがあって辛い。

安静にしていても、お尻や足が激しく痛んで休めない。

この痛みを何とかしたい、ちゃんと治したいと思っている。

坐骨神経痛をちゃんと治して、また健康的な生活を送りたいという方は、是非このまま読み進めてください。あなたの坐骨神経痛について読むだけでも理解が深まり、良い影響を及ぼすと思われます。


坐骨神経痛についての見解

坐骨神経は腰から骨盤、お尻を通って足の指先にまで伸びている神経で、そのどこかに神経を刺激する部分があることで痛みが出現します。

写真

【年齢による違い】
@若年者:梨状筋症候群・腰椎椎間板ヘルニア
A中高年:腰部脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア

これらの病気の症状として現れるのが坐骨神経痛です。当院では症状だけにとらわれず、原因をしっかり分析してから施術を行っております。


坐骨神経痛の原因は?

坐骨神経痛の症状だけに囚われてはいけません!何故痛みが出たのか?原因は次の3つが考えられます

@筋肉の硬さ
A骨盤の歪み
B背骨のS字カーブの減少

@の筋肉とは梨状筋と言われるお尻にある筋肉のこと。この筋肉の付近を坐骨神経が通っており、筋肉に異常があると神経を刺激して痛みを出してしまいます。

A骨盤の歪みは周りにある筋肉のバランスを崩します。そして背骨や股関節にまで影響し、結果的に坐骨神経が痛む可能性があるのです。

B背骨のS字カーブは神経の伝達をスムーズにします。このカーブが減少することで神経伝達が阻害され、腰椎の4・5番目から派生する坐骨神経に影響を与える可能性があるんです。

当院の施術は症状だけにとらわれず「何故その症状が出ているのか?」を分析して施術を行うから、効果が期待できます!


施術の流れ


1.問診票への記入

まずは施術票にあなたの氏名・住所・連絡先を記入していただきます。
そして症状について問診票に沿って記入していきます。
いつから痛むのか?何をするときに痛むのか?等
それをもとにカウンセリングをさせて頂きます。

2.カウンセリング

問診票をもとにいくつか質問をさせていただきます。思い出したことがあれば、いつでも遠慮なくおっしゃってください。そこにあなたの症状の原因があるかもしれません!

3.検査

問診票とカウンセリングで得られた情報から、さらに原因を特定するために検査を行います。姿勢のチェック、動きのクセ、関節の硬さ、筋肉の張り具合を専門的に評価していきます。

4.説明

・1〜3で得られた情報をもとに、あなたの体の状態と施術内容を説明します。納得して頂けたら施術を開始します。
もしここまでで施術方針に納得できなければ料金は一切いただきません!

5.施術

・痛みのないゆっくりとした施術で身体を調整していきます。

6.説明

・再度施術時の体の状態の説明と、日常生活での注意点、自主トレ等の指導をさせていただきます。

7.終了

・お疲れさまでした!会計を済ませて終了となります。
必要な方には次回の来院目安と終了までのおおよその回数をご説明します。


お問い合わせについて

TEL : 090-1195-0447(院長直通)

電話応対例

私 「はい!仁愛クリニカルルーム福留です」
あなた 「予約をしたいんですけど」
私 「ご予約ですね。いつがよろしいでしょうか?」
あなた 「○月○日は?」
私 「○月○日でしたら、○○時〜ではどうでしょうか?」
「それでよろしければお名前と連絡先をお願いします」

というふうに応対させて頂きます。予約の前に確認したいこと、その他ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。 →メールでのお問い合わせ

良くある質問はこちらにまとめています→良くある質問


▲ページトップに戻る


inserted by FC2 system