HOME > スポーツ整体

スポーツ整体

中高生のお子さんをお持ちのご両親!
是非このページしっかり読んでください!

お子さんが激しいスポーツをしている。

運動したあとに「腰が痛い」と言うことがある。

急激に身長が伸びている。

小さい頃あまり外で遊んでいない。

なかなかスポーツの成績が伸び悩んでいる。

姿勢が悪い、猫背・O脚がある。

ちゃんとケアしてあげたいが何をどうすればいいか…

子供の症状は子供は気付きにくいものです。ご両親が気付いてあげる事で、私のように「手術」という選択をしなくてもよくなる可能性があります。上記内容で一つでも当てはまるという方は、是非このまま読み進めて下さい。


子供の腰痛

成長期の子供は、時に腰痛を訴えることがあります。「若いんだから大丈夫」と軽く流したりしていませんか?子供の腰痛にも危険な病気である可能性があるんです!

子供の腰痛には次の3つが考えられます。

@筋筋膜性腰痛
A腰椎分離症・すべり症
B脊椎側湾症

@筋筋膜性腰痛は、その他のとおり筋肉の使い過ぎによる疲労によって痛みを出すものです。激しいスポーツをしている子に見られます。数日から1週間程度で収まる腰痛なのでさほど心配はいりませんが、なかなか治らない腰痛には適切なケアが必要です。

A腰椎分離症・すべり症は、腰に負担の掛かる「反る」動きをするスポーツによく見られます。骨に掛かる負担が大きすぎて疲労骨折を起こしているケースです。ヒビやズレが起きている状態を分離・すべりといいます。

B脊椎側湾症は、骨に成長に伴い一つ一つの背骨が変形して成長することで、左右に大きく歪む症状のことです。A・Bに関してはより専門的な整形外科で処置をすることをお勧めします。ただ治療後スポーツ復帰のためのケアは適切に行うことが重要です!


子供の腰痛に関する見解

子供が腰痛になる原因は以下3つ。

骨の成長に筋肉が追いついていない。
体の軸が歪んでいる。
運動不足である。

成長期に骨の成長と筋肉の成長にアンバランスが生じると、骨を支えられなくなります。特に柔軟性が必要になるスポーツをしていると、成長期に腰を痛める子が多くなります。

体の軸となる背骨を支える筋肉は、小さい時の「遊び」が大変重要です。体の柔らかい幼少期に、たくさんの遊びをしてこなかった子は、体の軸がぶれていたり支えられなくなっていることがあるんです。


施術の流れ


1.問診票への記入

まずは施術票にあなたの氏名・住所・連絡先を記入していただきます。
そして症状について問診票に沿って記入していきます。
いつから痛むのか?何をするときに痛むのか?等
それをもとにカウンセリングをさせて頂きます。

2.カウンセリング

問診票をもとにいくつか質問をさせていただきます。思い出したことがあれば、いつでも遠慮なくおっしゃってください。そこにあなたの症状の原因があるかもしれません!

3.検査

問診票とカウンセリングで得られた情報から、さらに原因を特定するために検査を行います。姿勢のチェック、動きのクセ、関節の硬さ、筋肉の張り具合を専門的に評価していきます。

4.説明

・1〜3で得られた情報をもとに、あなたの体の状態と施術内容を説明します。納得して頂けたら施術を開始します。
もしここまでで施術方針に納得できなければ料金は一切いただきません!

5.施術

・痛みのないゆっくりとした施術で身体を調整していきます。

6.説明

・再度施術時の体の状態の説明と、日常生活での注意点、自主トレ等の指導をさせていただきます。

7.終了

・お疲れさまでした!会計を済ませて終了となります。
必要な方には次回の来院目安と終了までのおおよその回数をご説明します。


お問い合わせについて

TEL : 090-1195-0447(院長直通)

電話応対例

私 「はい!仁愛クリニカルルーム福留です」
あなた 「予約をしたいんですけど」
私 「ご予約ですね。いつがよろしいでしょうか?」
あなた 「○月○日は?」
私 「○月○日でしたら、○○時〜ではどうでしょうか?」
「それでよろしければお名前と連絡先をお願いします」

というふうに応対させて頂きます。予約の前に確認したいこと、その他ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。 →メールでのお問い合わせ

良くある質問はこちらにまとめています→良くある質問


▲ページトップに戻る


inserted by FC2 system