HOME > 自律神経失調

自律神経失調

更年期症状のある方、頭痛・めまいなどの症状に悩まされている方は、是非このページ読み進めて下さい!

何となく不調なんだけど、これは何なのか分からない。

寝つきが悪く、寝てもすぐ目が覚める。

食後よく胃もたれをする。

考え込むくせがある、考えすぎて不安になる。

疲れは残るが、仕事や家事はしっかりやっている。

頭痛、めまい、耳鳴りなどの症状が時折出てくる。

最近笑ってない、何か息苦しい。

いかがでしょうか?現代人は忙しい毎日を過ごしているので、自律神経のバランスが崩れやすくなっています。いくつかあてはまるという方は、是非このまま読み進めて下さい。

自律神経って何?

自律神経は活発な時に働く交感神経と、リラックスしているときに働く副交感神経があります。このバランスが50:50の時が1番健康な状態です。

自律神経は時間によっても変化します。例えば朝は徐々に交感神経が高まる時間帯、就寝時は副交感神経が高まります。普段はシーソーの様にバランスを取っているんです。このバランスが崩れてしまうと…

高血圧、高脂血症、糖尿病、パニック障害、花粉症、喘息、アトピー、肥満、うつ、不眠、胃痛、肩こり、偏頭痛、便秘、肌あれ、睡眠障害、慢性疲労、更年期障害など、自律神経の乱れが関係しているケースはかなり多いんです!


自律神経が崩れる原因は?

これにはさまざまな要因が考えられますが、主なものを挙げると、まずその人のもともとの体質、性格、ライフ・スタイル(生活習慣)、そしてストレスです。 つまりこの4つが自律神経失調症の主な原因なのです。

自律神経が乱れやすい性格の方は、完璧主義の方が多いです。それから真面目で責任感が強く、几帳面な人にも多いと言われています。さらに何でも人に合わせて背負い込んでしまう、いわゆる「いい人」にも多い傾向にあります

それから不規則な生活をしている人にも多くなります。例えば夜勤のように昼と夜の生活リズムがコロコロ変わってしまうような人。私見ですが、夜勤の多い看護師さんは自律神経のバランスが崩れて「不妊」になる方が多いように感じます。妊娠に関しても自律神経のバランスは重要だということです。

ストレスは最大の敵!

ここでは脳と自律神経との関係から、この点について説明していくことにしましょう。 私たちの大脳の表面は、大脳皮質という部分に覆われています。 人間を人間たらしめている理性や知性の働きは、この大脳新皮質で行なわれています。

大脳皮質の内側には、大脳辺縁系という部分が存在しています。 ここから本能的な欲求や、喜怒哀楽や快・不快などの感情や情動が生まれます。 大脳辺縁系の下には、視床下部と呼ばれているところがあります。

実はこの視床下部こそ自律神経の中枢です。つまりここが自律神経の働きを調整し、交感神経と副交感神経のバランスを保っているのです。 視床下部は、その上部にある大脳辺縁系の影響を受けています。また、間接的に大脳皮質の影響も受けています。

何か大きなストレスがかかり、そのために大脳辺縁系の内部で激しい怒りや憎悪、欲求不満、深い悲しみなどの感情や情動が発生すると、それが視床下部の働きに影響します。また、あまりにも物事をネガティブに考えたり、「完璧にやらなくてはいけない」とか「失敗してはいけない」などとプレッシャーになるようなことを考えたりすると、それがストレスになります。そのストレスが大脳皮質に負担をかけ、さらに大脳辺縁系にも影響し、最後は視床下部にも影響するのです。 その結果、自律神経のバランスが乱れてしまうことがあるのです。


施術の流れ


1.問診票への記入

まずは施術票にあなたの氏名・住所・連絡先を記入していただきます。
そして症状について問診票に沿って記入していきます。
いつから痛むのか?何をするときに痛むのか?等
それをもとにカウンセリングをさせて頂きます。

2.カウンセリング

問診票をもとにいくつか質問をさせていただきます。思い出したことがあれば、いつでも遠慮なくおっしゃってください。そこにあなたの症状の原因があるかもしれません!

3.検査

問診票とカウンセリングで得られた情報から、さらに原因を特定するために検査を行います。姿勢のチェック、動きのクセ、関節の硬さ、筋肉の張り具合を専門的に評価していきます。

4.説明

・1〜3で得られた情報をもとに、あなたの体の状態と施術内容を説明します。納得して頂けたら施術を開始します。
もしここまでで施術方針に納得できなければ料金は一切いただきません!

5.施術

・痛みのないゆっくりとした施術で身体を調整していきます。

6.説明

・再度施術時の体の状態の説明と、日常生活での注意点、自主トレ等の指導をさせていただきます。

7.終了

・お疲れさまでした!会計を済ませて終了となります。
必要な方には次回の来院目安と終了までのおおよその回数をご説明します。


お問い合わせについて

TEL : 090-1195-0447(院長直通)

電話応対例

私 「はい!仁愛クリニカルルーム福留です」
あなた 「予約をしたいんですけど」
私 「ご予約ですね。いつがよろしいでしょうか?」
あなた 「○月○日は?」
私 「○月○日でしたら、○○時〜ではどうでしょうか?」
「それでよろしければお名前と連絡先をお願いします」

というふうに応対させて頂きます。予約の前に確認したいこと、その他ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。 →メールでのお問い合わせ

良くある質問はこちらにまとめています→良くある質問


▲ページトップに戻る


inserted by FC2 system